子供に勉強をさせている時はトイレに行かないルールを守らせる

子供が家で勉強している時には「トイレに行かない」というルールを徹底することをおすすめします。
幼い子供にとって「勉強」でなにかを学ばせることも大事ですが、それ以上に「じっと机に座っていられる習慣」を身につけることもい大切です。
ですから勉強中に何度もフラフラとトイレには行かせないようにしなければなりません。
子供にとって長時間にわたて机に座ってじっと勉強を続けることは大変な苦痛でもあります。
それがトイレに行くことによって、トイレが逃げ場所になりかねないのです。

「オシッコが漏れそう」
「おなかが痛い」
もしかしたらただの言い訳かも知れないので、そのあたりはしっかりと見極めましょう。

そして、勉強をする前に「トイレには行かない」と子供と約束したうえで、子供がそれを守って勉強時間中にトイレにいかなかったとしたらな、そのことをしっかりと褒めてあげましょう。

「今日は勉強ちゅにトイレに行かなかったね、偉い」
と褒めてあげるのです。
確かに、最初からそううまくはいきません。
勉強中にトイレに行きたくなる習慣が身についてしま手いるケースも少なくないのです。
えてして、そう言いう子ほど余り成績は芳しくはありあm線。

いつも3回くらいトイレに行っている子供なら
「今日は23回だけしかトイレに行かなかったね」
「すぎ!今日は1回だけしかトイレにいk無かったね」
と目標達成に近づくたびおにしっかりと褒めたげましょう。
たまにはおやつをご褒美してあげるのもいかもしれm線。
子供に目標達成した時の喜びを体験させることはとても良いことです。
今度は次の目標を設定してあげて、少しzぅつ少しずつ達成していくように導いてあげましょう。

たかがトイレ
と侮るなかれ。
勉強が胃や
机にじっと座っているのが嫌
そこから逃げ出したくて「トイレに行けば解放される」ということを学んでしまっている場合が意外と多いのです。
子供はずるがしこいものです。
いろいろな方法で辛い勉強から逃げ出す方法を常に探しているのです。
習い事 させない かわいそう 習い事をしてることしてないこの差

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です