ダイエット目的の過度な食事制限がNGなのはなぜ?

春ですね!春はダイエットの季節です。万年ダイエッターの私も今年こそは目標体重までの減量に成功したいので、いろいろと調べてきました。

ダイエットと聞くと、多くの人がまず食事制限を思い浮かべると思います。特に30代の女性は家庭や仕事といった多忙な日常の中で、できるだけ簡単に体重を減らす方法を求めがちですよね。

でもダイエット目的での過度な食事制限は、多くの専門家たちが推奨していません。なぜでしょうか?

まず第一に「栄養不足に陥りやすい」という理由があります。

過度な食事制限を行うと、必要な栄養素を十分に摂取できなくなるリスクが高まります。タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの身体機能の維持に不可欠なものが不足してしまうかもしれないからです。

もしもこれらが不足すると、免疫力の低下、肌荒れ、抜け毛の増加など、見た目にもかなり悪影響が出てしまいます。

肌荒れは顕著ですね。ダイエット中に、なんか老けたなーという感じのお肌になったことがあると思います。

次の理由は「代謝が落ちる」ということです。

食事制限をして急激にカロリー摂取を減らすと、身体はエネルギー不足の状態になってしまいます。そして次に食べ物が入ってきたときに備えてエネルギーを蓄えようとして、代謝が落ちるわけです。

結果、長期的には体重が減りにくくなるという残念な結果になってしまいます。これ、何度も経験しました。

あとは「リバウンドしやすくなる」とか「ストレスがたまる」とか、一般に言われていることだと思います。

確かにダイエットはストレスが溜まりやすいですよね。ストレスがピークに達したときにドカ食いしてしまうと、結局はリバウンドしてしまいます。

ダイエットは短期的な成果よりも長期的な健康維持を目指すべきですから、やはり過度な食事制限はNGなんですね。

過度な食事制限は、食べたい欲求との戦いになりますが、私たちはそんなものと闘いたくありません。だって楽したいんですから。

また、ストレスはホルモンバランスに影響を及ぼして体重管理を難しくすることも多々あります。

健康的なダイエットとは、美しさを保つだけでなく日々の活力とも直結しています。

ですから、過度な食事制限ではなく栄養バランスの取れた食事と適度な運動で痩せた方がいいよーというお話でした。

ビーコンセプト 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です