怒りの感情をコントロールできないと疲れるだけ

ついついイライラしているとその後の仕事はまったくはかどりません。
でも、怒りの感情は抑えることはできません、
なぜなら、いくら怒りの感情は抑え込もうとすればするほど外に出ようといするのです。

確かにイライラしている以下いrの感情はあまり表に出すべきものではありません。
でも怒りは必ずしも悪い感情ではないのです。
怒りは時にとてつもないエネルギーを生み出します。
「こんちくしょう!」
「ジョウトウダァ!やってやろういじゃないか!」
そんな反骨精神が大きな成功の源になることは珍しくありません。

ですからあなたの@「怒り」の感情もうまく噴火させたげればいのです。
怒りを無理矢理 心の奥深くに押し込んでいるといつか爆発してしまいます。
適度にガス抜きしてやらないとダメなのです。

怒りを外に押し出すには、運動がおすすめです。
理不尽なクレームをつけてきた客。
自分のストレス発散で鹿てくる上司
そんな奴らの顔でも思いう浮かべながらバッティングセンターでへとへとになるまで打って打って打ちまくってください。
時々まぐれあたりで「カキーン」真芯でとらえた打球が出たのならスッキリしますから。

あるいはその怒りの内容を文字にしたためてもいいです。
自分の感情のすべて吐露するように書きなぐるのです。
誰にも見せないのですから、汚い言葉で相手を罵しっても構いません。

たしかにみんな褒められた行動ではありません。
でも、怒りという感情を無理やりにでも身体の外に放出させるには効果があります。
ここで大切なのは「意識的に怒りを爆発させる」ことなんです。
無意識に怒りを爆発させるのが一番危険です。
それは時に墓応力的にもなりかねません。

意識的に怒りのエネルギーを放出るることで、心のバランスが保たれるのです。

また怒りの感情を将来の自分の姿を想像しながら法主るするのです。
「今に見てろよ!ほえずらかくなよ!」
将来 あなたが相手より強くなったり、偉くなったり、経済的になることで相手をひれ伏させる姿を想像するのです。
するとパワーが出てきませんか?
テレビ 音量 上げ させない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です